NEUMANN KH 80 DSP レビュー & モニタースピーカーの基礎知識と置き方 [難しさ:ふつう vol.051]

当スタジオではメインのモニタースピーカーにFOCAL CMS50を採用し、もう換えることはないと思っていましたが、、、、聞いた瞬間に購入を決意してしまったスピーカーが現れました。NEUMANN KH 80 DSPです。KH 80 DSPのレビューと、この機会に改めてモニター環境で何が大事なのか、良いモニター環境構築のコツを整理してみたいと思います。

動画版はこちら↓

NEUMANN KH 80 DSP モニタースピーカーレビュー 衝撃!自宅用モニタースピーカーの最適解?
音が良くなるスピーカーの置き方3つのコツ モニター環境はなぜ大事? [vol.051 難しさ:やさしい] パワードモニター、キャリブレーションとは

KH 80 DSPの前に必要な予備知識

KH 80 DSPは最先端のモニタースピーカーで、予備知識を持っている方が正しく理解できます。改めてモニタースピーカーとモニター環境のことを知っておきましょう。

スピーカーとは?スピーカーの構成と駆動方式

音楽制作の世界において音はデータであり、電気であり、空気振動です。順番にパソコンからオーディオインターフェースまでがデータ、オーディオインターフェースからスピーカーまでが電気、スピーカーから耳までが空気振動です。

パワードモニタースピーカーの概念図
パワードモニタースピーカーの概念図

つまりスピーカーとは電気信号を空気振動に変換する箱なのです。実際に変換する部分がスピーカーユニットで、ユニットが揺れることで空気が振動します。ユニットを動かすのがパワーアンプ。ユニットとパワーアンプが同じ筐体に収められているのが現代の主流であるパワードモニタースピーカーです。略してパワードモニター、パワードスピーカーなどと呼ばれることもあります。また、パワーアンプを内蔵しないパッシブスピーカーに対してパワーアンプを内蔵するパワードモニターはアクティブスピーカーとも呼ばれます。過去はパワーアンプとスピーカーユニットが別のパッシブスピーカーが主流でした。有名なパッシブスピーカーにYAMAHA NS-10M STUDIOがありました。

ユニットは高音用、低音用など複数のユニットに分かれることがあります。現代の主流は高音用のスピーカー(ツイーター)と低音用のスピーカー(ウーハー)の2つで構成される2ウェイ方式です。3つになると中域用のスピーカー(スコーカー)が加わります。すべての帯域を一つのスピーカーで再生する方式は1ウェイと呼ばれ、ユニットはフルレンジユニットと呼ばれます。

音楽制作に向いている環境とは

音楽制作用のスピーカーはモニタースピーカーと呼ばれます。モニターという単語はmonitorと綴りますが、監視する・制御するといった意味も持っています。映像の世界においてもディスプレイをモニターと呼ぶことがありますが、これらは監視する機器という役割からモニターという呼ばれ方をするのではないかと思います。

モニタースピーカーに必要なものは、判断ができること

制作環境においてはいい音のスピーカーが必要なのではなく、判断できることが重要なのです。自分のスタジオで良い音なのかどうかではなく、リスナーの環境でどうなるかが判断できる音が出るということです。判断できる音が結果的にいい音であるのかもしれません。先述のNS-10M STUDIOはお世辞にもいい音のスピーカーではなく、全く低音のでないスピーカーでした。しかし、NS-10M STUDIOで作れば他でどうなるかが予想できる、判断ができるスピーカーでした。

0dBという音量でセンターから出した音が、正確にセンターから適切な音量で聞こえる。それが前後左右の音の空間(音場)の全域に渡って展開される。このような状態がモニター環境におけるひとつの理想で、「音が見える」などと表現されます。音がモヤモヤしていなくて、色々な音が見える、色々な音が明瞭に感じられる空間が理想といえます。

以下のイメージ図を見てみましょう。

モニター環境のイメージ図
モニター環境のイメージ図

ミキシングにおけるターゲットは、リスナー環境でどのような音になるかが焦点です。

しかし、リスナー環境というのは千差万別。ひとつとして同じ環境はないので、全てでチェックすることも全てに適応するのも不可能です。

では劣悪な環境は目をつぶり、現実的にリスナー環境で4〜7という範囲に収まる音を作れば問題なしと仮定した場合、制作時にどのような音にしておけば良いでしょうか。

原音が5、モニター環境がそのまま5で再生できれば変数がないため、4〜7に収まるように原音を作りこむことができそうです。しかしモニター環境が4〜6とブレがあるとどうでしょう。変数が増えることで原音をどのように作れば良いかわかりにくくなります。当然結果もブレが出てきます。

このように、モニター環境構築で重要なことは変数を減らし判断しやすい環境を構築することなのです。判断しやすい音が結果的に良い音と言われているのでしょう。参考までに、オーディオ用の高級スピーカーは原音よりも良い音に感じるように再生してくれるものが多く、決して原音忠実再生ではありません。

スピーカー・キャリブレーションという考え方

理想を目指して様々なスピーカーが開発されてきました。しかし開発環境で音が良かったスピーカーも、実際の使用環境に持ってくると開発時の音が出てこないのです。置き場所によって音が変化するためです。耳に届くのはスピーカーから直接出た音だけでなく、壁や天井にあたって跳ね返った音(反射音)も耳に届きます。合成された時に音が濁って、スピーカー本来の音ではなくなります。加えて、置いた場所も振動してしまうため、置いた場所もスピーカーになってしまうのです。

従来から音屋はスピーカーの置き場所や向き、置き方や部屋の反響をコントロールすることで、スピーカーのポテンシャルを発揮できるよう試行錯誤してきました。これらの物理的対処に加え、近年注目されるのがスピーカー・キャリブレーションという手法。部屋で音が混ざって濁るのであれば、濁ることを前提とした音を出せば良いという考え方です。例えば低域が響きすぎる部屋であれば、低域を少なく再生するということです。ざっくり言えば、スピーカーの前に制御されたイコライザーを入れ、どのようなイコライザーをかけるかを計測して導き出すというシステムです。

先程の図をもう一度見てみましょう。

モニター環境のイメージ図

従来は原音忠実の完璧な再生環境である「5」の状態は難しいものの、「4」や「6」で固定された状態を作ることで変数を減らしていました。先述のNS-10M STUDIOなどが良い例でしょう。忠実ではありませんが、ブレがないスピーカーということです。

これに対しスピーカー・キャリブレーションは計測と高度な演算、信号処理によって「5」を実現しようとするものです。

測定とイコライジングに高度な計算・演算が必要となるため、パソコン内部でパソコンの力を借りて補正するシステムが多くリリースされました。代表格はSonarworksでしょう。スピーカーを問わず、誰の環境でもパソコンがあれば導入可能な画期的なキャリブレーションシステムです。筆者も以前導入して使っていました。

パソコン内部でのキャリブレーション概念図
パソコン内部でのキャリブレーション概念図

上記のように、パソコン出力前のデータに対して校正(キャリブレーション)を行い、校正後のデータが後段の機器に送られます

スピーカーキャリブレーションシステムの台頭によって、最高の部屋が用意できなくても音楽制作に適したモニター環境を誰でも手に入れることができるようになりました。

NEUMANN KH 80 DSP レビュー

基礎知識を手に入れたところで、KH 80 DSPのレビューを読んでみてください。

KH 80 DSPの概要

詳細はNEUMANN Webサイト等をご覧いただければと思いますが、ざっくり説明すると4インチウーハー&1インチツイーターを搭載した2ウェイ・パワードモニタースピーカーです。NEUMANNの哲学に基づいて設計された様々な物理的機構が搭載されており、オーディオ用ではなくモニター用としてふさわしいスペックと音を実現しています。

と、ここまではどのパワードモニターでもよくありますが、最大の特徴はスピーカー本体にDSP(Digital Signal Prosessor)を搭載し、本体だけでキャリブレーションができるのです。「本体だけで」という部分がどれほど画期的なのかは分かる人にはわかると思います、、、!(後述)

なお、キャリブレーションを実施するためにはKH 80 DSPの他、MA 1という専用測定マイクを購入する必要があります。出荷前に1本ずつ特性が計測され、シリアルナンバーで特性が管理されています。キャリブレーションにおいては測定の精度が肝ですので、つまり専用マイク以外で計測しても正確な結果は得られません。

NEUMANN ノイマン パワードモニタースピーカー KH 80 DSP A G【ペア】
created by Rinker
Neumann
¥143,000 2022/01/11 23:21:21
NEUMANN ノイマンン/MA 1 DSPモニタースピーカー用アライメントマイク
created by Rinker
ノーブランド品
¥35,860 2022/1/11 23:22:36

キャリブレーション前のインプレッション

KH 80 DSPはキャリブレーションしていない状態でも品質の高い音を再生してくれます。特に低域再生能力が高く、4インチであることを忘れてしまうほどです。全体的にはフラットな印象で特に脚色もなくモニタースピーカーという感じの音です。

指向性も作業において扱いやすく、上下方向は狭く、左右方向は広い特性であるため、リスニングポイントが多少前後してもあまり印象が変わらない音で聞くことができます。また、置き場所にあわせて背面スイッチで特性を変更することができ、これもかなり効きます。

キャリブレーションなしでは「いいスピーカーだな〜」というくらいの印象だったのですが、キャリブレーションをして再生すると世界が一変します。

キャリブレーション後のインプレッション

一般的にスピーカーの性能が良い場合でも、あくまで聞いているのはスピーカーの音です。当たり前のことです。しかし、キャリブレーション後のKH 80 DSPの印象は、スピーカーの音を聞いている感じではなく、部屋の音を聞いている感じなのです。スピーカーがあることを忘れてしまうのです。

センター定位のボーカルは、通常「スピーカーの中間位置」から聞こえますが、KH 80 DSPの場合は「スピーカーの中間にある空間」から聞こえます。スピーカーが音を出している感じではなく、何かの力によって「スピーカーの中間にある空間」に振動が生まれているような印象なのです。わかりやすく言うと音に立体感があります。これまで使用していたFOCAL CMS50でも十分に立体感はありましたが、あくまでスピーカーの音の範囲内でした。KH 80 DSPは違います。部屋が再生している感じなのです。

それはボーカルだけでなくすべての音に立体感があり、存在感があります。もちろん、ちゃんと作り込まれていない音には立体感も存在感もありません。モヤモヤした音はモヤモヤと鳴ります。モニタースピーカーとしての分解能が高い、とにかく位相が良いという印象です。キャリブレーションされているのは周波数特性だけにとどまらず、位相に関してもなんらかの補正が加えられているのかもしれません。

結果的には音がよく見えるのでミキシングが楽です。スピードも上がります。また、小音量再生でもキャリブレーションされた特性が維持されますので、小音量でも同じ環境で作業ができます。小音量で作業できるというのは長時間作業する場合にとても有効な特徴で、疲れにくくなりますから作業効率も向上します。

ちなみにキャリブレーションの様子については、和田貴史さんの動画で詳しく見ることができます。

低域再生能力とKH 750 DSPの必要性

低域再生能力は先述の通り非常に優れており、KH 80 DSPだけでもかなりクリアな低域再生が可能です。周波数特性では+/-3dB範囲で57Hz〜21kHzとなっていますので、4インチながらかなりの低音再生能力があり、実際ミキシングに十分な低域が出ます。

他社のモニタースピーカーのスペックを見るとわかりますが、5インチクラスのモニタースピーカーでもローエンドが57Hzから再生できるモデルはあまりありません。加えて、周波数特性の書き方はよく見ないとトラップがありますので要注意です。50Hz〜20kHzと書かれていても、50Hz〜20kHz(-10dB)と50Hz〜20kHz(-3dB)では再生可能な範囲は大きく異なります。後者の方が広い範囲で再生できるスピーカーです。

専用のサブウーハー、KH 750 DSPというモデルもあります。こちらもあわせて使用してみましたが、ものすごい厚いローエンドが出ます。低域の音作りは意識しなくても聞こえるようになるためかなり楽です。

ただしかなりの重さ(19.5kg)があり振動も発生しますので、置き場所を選びます。重くない場所に置くと床が振動してしまいます。筆者のスタジオはビルではなく木造住宅の一室なので、かなり揺れました。また、広さがない環境だとKH 80 DSPに対してやや圧力、存在感が大きすぎる印象でした。再生音量などを調整して詰めていけば良いバランスになるかもしれませんが、自宅への設置を検討している人は注意が必要でしょう。KH 750 DSPも設置する場合はスタジオクラスの広さと重い床が準備できるのが理想です。

結論的に、KH 750 DSPの導入については、扱う音楽の方向性(低域の重要性)と設置環境をあわせて検討すると良いでしょう。浮床など構造的にしっかりしたスタジオであれば間違いなく同時に導入した方が良いです。楽です。

筆者の場合は、自宅スタジオが広くないこと、家が鳴ってしまうこと、サブウーハー無しで育ったのでサブウーハー自体強く必要だと感じないこと、そして何よりKH 80 DSPの低域再生能力が高いことが理由で、KH 750 DSPの導入は見送りました。安くないですからね、、、(;・∀・)

内蔵DSPによるキャリブレーションの利便性

先述のように筆者実は過去にSonarworks Referenceを使っていました。Sonarworksの素晴らしいシステムで、2種類の方法でキャリブレーションが可能です。一つはDAWでプラグインを挿入する形態。もう一つはSystemwideという追加ソフト?を使用して、システム出力に挿入する形態です。しかしSonarworksで採用されるパソコン内キャリブレーション方式は大きな欠点があります。

パソコン内キャリブレーションでは、パソコン出力より後段の機器にはキャリブレーションがかからないということです。

パソコン内部でのキャリブレーション概念図

筆者のスタジオの場合、具体的に2つの問題がありました。

  • マスターレコーダーに録音する場合にSonarworksをオフにする必要がある=マスター録音中はキャリブレーションされた音でモニターできない
  • モニターコントローラーに接続されたCDプレーヤー等再生機器の音にはキャリブレーションがかからない

2はCDをiTunesに取り込むなどの方法で回避可能なのですが、1の問題は意外と根深い問題でひらたく言えば「すごく面倒」なのです。レコーダーにダビングする場合に都度キャリブレーションをOFFにする必要があり、同時にダビングが終わったらキャリブレーションをONにするということです。忘れるのです。ミスが増えやすいということであり、配慮がひとつ増え、結果的に面倒で疲れます。

加えて、Sonarworksでのキャリブレーション環境で作った音に違和感を感じてしまいました。作っていても、完成品を聞いても気持ちよくない音になってしまったのです。おそらくキャリブレーション過程で使われているイコライザー等補正エフェクトに起因するものだと思います。

これらの事情があってキャリブレーション自体には価値を感じていたものの使わなくなってしまいました。それはつまり、これらの問題が解決できるキャリブレーションシステムを待ち望んでいたということです。それが、KH 80 DSPなのです。Sonarworksのように信号フローの途中段階でキャリブレーションするのではなく、最終段であるスピーカーで補正するため無駄な作業は必要ありませんし、モニターコントローラーに接続されている機器すべてにキャリブレーションが有効です。

KH 80 DSPのキャリブレーション概念図

上記の通りスピーカーで信号を受けた後で校正(キャリブレーション)を行いますので、すべての入力信号に対し校正の効果があることが最大の特徴です。もちろん校正ができてもそれを思ったように再生できる機器でなければ意味がありません。この思想とコンセプトを実現しているのはNEUMANNの技術力に他なりません。

加えて、DSPの性能なのか、イコライザーの出来が良いのか、パソコンでなくDSP制御なのが功を奏したのか、音には違和感がありません。Sonarworksでは混ぜていても楽しくなくなってしまったのですが、KH 80 DSPはキャリブレーション後の音でも楽しさがあります。

※Sonarworksは非常に素晴らしいシステムで、筆者が使用しなくなったのは完全に好みの問題です。

4インチモニターの有用性〜自宅に5インチスピーカーは大きすぎたのではないか?〜

モニタースピーカーの世界においては5インチウーハーのモデルがスタンダードです。自宅などの狭い環境でも5インチモデルの導入が定番だと言えるでしょう。

ミキシングで必要な低域を再生するために5インチウーハーが必要だったという背景があると考えています。逆説的には低域に目をつぶれば5インチはオーバースペックだということです。実際、5インチウーハーモデルを自宅等の部屋で使用した場合、「もう少し部屋が広かったら」と思うことは多くありました。もう少しボリュームを出したほうが良い音になりそうな予感、とでも言いましょうか。。。

KH 80 DSPは4インチウーハー。小さく頼りなく見えますが、部屋で鳴らしてみるとスピーカーの持っているパワーと部屋の大きさがマッチングしているように感じられるのです。頼りなさはありません。5インチモデルが実力を80%程度に抑えているとすれば、KH 80 DSPは100%で伸び伸びと再生している印象を受けます。いくつか仕事もしましたが、4インチのKH 80 DSPで全く問題ないのです。KH 80 DSPの5インチモデルが発売されたらいいな、とは全く思いません。

ここで今までの5インチスタンダード説の理由を改めて考えてみましたが、「低音のために5インチにせざるを得なかった」のではないかという結論です。

自宅スタジオなどの狭い環境においては、低域再生能力が十分であれば4インチのほうが適しているのではないかと、KH 80 DSP導入後に強く感じました。今まではスピーカーの相談をされたら可能であれば5インチを買うように勧めてきましたが、今後はKH 80 DSPをお勧めするでしょう。しかし価格は相応ですので、低域が欲しければ5インチをということになりそうです。とにかく、KH 80 DSPの音は定説が覆ってしまうほどの衝撃でした。

ちなみに、ちゃんとした広さのスタジオで使うにはやや小さいと思います。スタジオクラスであればスモールモニターとしては十分でしょうが、メインモニターとして使用するにはもう一回り大きなサイズのKH 120等を使うことをオススメします。KH 120はDSP非搭載ですが、KH 750 DSPと組み合わせることでキャリブレーションが可能です。

created by Rinker
Neumann
¥94,600 (2022/05/22 01:22:52時点 Amazon調べ-詳細)

モニター環境改善のコツ

さてKH 80 DSPが素晴らしいスピーカーであることはおわかりいただけたと思います。適当な置き方をしてもキャリブレーションで穴埋めしてくれるのですが、悪いものを良くするよりも、良いものをさらに良くする方が良いことは言わずともおわかりいただけるでしょう。

どのスピーカーでも共通して使える環境改善のコツ、スピーカーの置き方のコツをお伝えします。この世界はお金のかけ方がピンキリですので(笑)、お金をあまりかけずに自宅でも実現しやすいノウハウに絞ってお伝えします。

1.スピーカーの振動が伝わらないように配慮する

スピーカーは極論を言えば宙に浮いている状態が最も潜在能力を発揮できると言われています。何かに接触して振動が伝われば、伝わった相手が振動し、スピーカーになってしまいます。机に置けば机が振動し、スピーカーになってしまうのです。スピーカーの振動が伝わりにくくすることで音がクリアになります。

インシュレーターを使用する

インシュレーターは振動が伝わることを抑えるアイテムです。これをスピーカーと置き場所の間にはさみます。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥3,561 (2022/05/22 00:55:52時点 Amazon調べ-詳細)

重い場所に置く

重いものの方が動きませんから、重いものにスピーカーを置けば振動が伝わりにくくなります。木の上よりも石の上。軽石の上より大理石。スピーカースタンドも有効ですが、軽くてフラフラのものは余計音が悪くなりますので、重くてしっかりしたスタンドを選びましょう。

2.部屋との関係を考える

難しい言い回しですが(笑)、部屋の中での音の反射を減らし、左右の反射を均一化することを指しています。

壁から距離を開ける

スピーカーから出た音がすぐに壁に当たると影響が大きくなりますので、壁から一定の距離がある方が適切です。最低でも20cm程度は開けましょう。

壁に吸音材を貼って反射を減らす

壁の反射が減るだけで音は良くなります。吸音材を壁に貼ることで改善できます。きちんと設計された空間であれば反射も美しい響きになりますが、ほとんどの場合は反射を減らす方向に調整した方が良い結果が得られます。自宅ならば迷わず反射を減らしましょう。

左右均等になる場所を探して使う

左右が崩れると仕上がりも左右が崩れますので、可能な限り壁までの距離が左右均等になる場所に設置しましょう。

3.ツイーターの高さを耳にあわせる

最後は高さの話。音は高い音ほど指向性が強いという特性があります。ツイーターから出た音はまっすぐ飛びます。つまり、ツイーターの高さが耳の高さとズレている場合、ツイーターから出たクリアな高音を聞くことができていないのです。

対策は簡単で、ブロックやスピーカースタンドを用いてツイーターの高さを耳に合わせましょう。また、向きについても内振り(内側に向ける)にして耳に向けるようにします。高音がキツイ場合は振り方を調整し、耳の後ろくらいを向けるようにします。


いかがでしょうか。

いまお持ちのスピーカーでやってみても十分な効果があるはずです。ほとんどの環境において、スピーカーは潜在能力が発揮できていないのです。良いスピーカーも潜在能力が発揮できなければただの高い買い物です。置き方に配慮して良いモニター環境を作ってみましょう。

そしてKH 80 DSP。

良い設置を行い、キャリブレーションをすることでスピーカーを感じない音が実現します。安いスピーカーではありませんが、機会があればぜひ音を聞いてみてください。

(Visited 538 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。