コンデンサーマイク、いい音で歌を録る3つのコツ [vol.019 難しさ:やさしい]

いつもご覧いただきありがとうございます。いつもネタを何にしようか考えています。いや、たくさんあるんですけどね、多すぎて決まらないんです(苦笑)。

悩んだ末のネタはボーカルの録り方。歌ってみたMIXをご依頼いただくのですが、ボーカルの録り方がよくなればクオリティアップする方が多く見受けられますし、歌い手さんが録り方に関する情報をお求めのようなので、ノウハウをお伝えします。

近年はノイズ除去プラグインが発達した関係で、適当に録音して後でノイズを録るという思考回路になりがちです。

が!

もともといい音には絶対に敵いません。ノイズ除去テクノロジーは、頑張って録ったけど仕方なく入ってしまったノイズを消すために使うものだと考えましょう。

さらには、ピッチ編集・タイミング編集などを行う場合、音の耐久性が問われます録音の質が悪いとピッチ・タイミング編集に耐えられず、音質がどんどん劣化します。いい音で録れた場合は編集に耐えるので、編集による音質劣化にはあまり気づかないものです。

ということで。

録音の質を高めることはすべてに良い効果をもたらします。様々なノウハウがありますが、自宅録音でもできる3つのコツに絞ってみましたので、チャレンジしてみてください!

以下の動画と同期した内容になっています。動画では実際のノイズなども聞くことができますので、ぜひご覧ください。

https://youtu.be/-LNWRRLC5N8

その1 ノイズを減らそう

質問箱でもこのような質問を頂きました。ノイズに意識が行くのは素晴らしいことです。

ノイズは語ると奥が深いのですが、「その楽曲に不要な音」はすべてノイズだと思えば良いでしょう。注意すべきノイズと対策を挙げてみます。

※質問は質問箱で受付中!https://peing.net/ja/koita_swk

エアコンなどの空調ノイズ

エアコンを稼働させると恒常的にノイズが混入します。ノイズの中でもかなり大きなノイズの部類です。同様のノイズに換気扇のノイズなどがあります。録音に不慣れな場合は見落とし(聞き落とし?)てしまうノイズです。

対策は簡単です。録音中はスイッチをOFFにしましょう。

暑い?

我慢です(笑)。

空調機器のノイズを皆無にするためには、家やスタジオを建てる設計段階から対策する必要があり、事実上難しいでしょう。コストもかかります。録音中に空調を切るのは自宅環境だけかと思いきや、そんなこともありません。小規模なスタジオだと空調ノイズが大きいので、レコーディングスタジオなのに空調を切って歌を録音することがあります。

電源ノイズ

近年は減りましたが、電気製品が「ジー」というノイズを出していることがあります。録音する場所で耳を澄まして聞いてみましょう。冷蔵庫などは大きなノイズが出やすいので、録音部屋に小さな冷蔵庫を置いている人は要注意です。対策は離れるか、電源をOFFにすることです。

生活音や外野のノイズ

筆者のスタジオは1階で、2階直上にはキッチンがあります。ですから、お料理中は水の流れる音や包丁で刻む音がします。お料理を作っていただけているので、こういう時は録音しません。家の構造によって自分以外の人の音がどのように入ってくるのかを把握しておきましょう。

また、外の音も入ってきます。有名なのは救急車や犬の鳴き声でしょうか。また、雨が強い時は雨の音も入ってきます。これらの生活音系は家などの構造物に対策をするか、録音するタイミングに気をつけるほかありませんノイズにシビアな耳を身につけるのが1番の対策でしょう。

ポップノイズ

ポップノイズは「ぱぴぷぺぽ」などの発音をする時に出る空気の流れによるノイズ。マイクに風が当たって「バフっ」とか「ボフっ」という音が出ます。風がマイクにあたってノイズが出る現象を「吹かれ」と言います。

波形でみてみましょう。こちらが通常の「ポ」。

こちらが吹かれてしまったポップノイズ入りの「ポ」です。コンデンサーマイクは風で無理やりダイヤフラム(音を電気にする部分)が動いてしまうとこのような不自然な波形になり、修正は困難です。

ポップガードというグッズをマイクの前に設置することで軽減できます。

▼ポップガードの例 TASCAM TM-AG1

created by Rinker
TASCAM
¥2,555 (2021/06/23 23:28:02時点 Amazon調べ-詳細)

▼FIRST TAKE等で使われる鉄タイプもお勧めです。(匂いに強いので複数の人が使うスタジオのような場所で好まれます)

ポップガード
ポップガード
created by Rinker
Stedman
¥5,940 (2021/06/23 23:28:03時点 Amazon調べ-詳細)

リップノイズ

これはボーカリストの口から出るノイズで、口を開く時に出ます。汚い話ですが口の中が粘っていると出やすいです。若年よりも中年〜年配の方が出やすい傾向にあります。

口の中の潤いと関係しているため、水で口を潤すことで軽減できます。コーヒーなど成分が口にとどまる飲み物は逆効果です。ポップガードでも若干軽減できますが、ノイズの大小や頻度ははっきりって人によります。完全に除去するのは難しいノイズの1種です。

その2 反射音(間接音)を減らそう

録音をしない人が全く考えないのが反射音。普通に生きていれば反射音を気にする必要がないからです(苦笑)。

マイクに入る音は、音源から直線的に来る直接音と、壁などで反射して来る反射音(間接音)があります。

一般的なボーカルレコーディングにおいて必要なのは直接音のみです。したがって、間接音を抑えれば抑えるほどクリアな音で録音できます。対策をいくつか挙げてみます。

壁の反射を減らす

反射してくる音が減れば良いので、壁で音が反射しないように壁を柔らかくすれば良いのです。これを吸音と呼び、具体的には壁に吸音材を貼るなどの方法で対策します。昔は卵パックが紙だったので、卵パックを貼る人が多くいました。簡単な方法では壁にカーテンをかけるのも効果的です。筆者のスタジオでは以下の吸音材を壁に貼り付けています。

反射しにくい向きで歌う

部屋の中での向きによっても反射は変わります。壁に向かって歌うと垂直に当たって垂直に返ってきますが、音が斜めに当たると斜めに反射しますから、反射音が変わります。根本的な対策ではありませんが、反射音の音質が変わるので効果が出ることがあります。

壁に向かって垂直に出た音が並行な壁の間で反射し続ける状況(音)をフラッターエコーと呼びます。フラッターエコーは鳴き龍現象とも呼ばれ、録音には最悪の状況で、避ける必要があります。並行する壁面が多い場合にフラッターエコーが出てきます。

反射音がマイクに入らないようにする

現代において最も簡単で効果的な対策がこの方法でしょう。リフレクションフィルターという直接音以外がマイクに入らないようにするグッズが手に入りますので、活用すると見違えるようにクリアな音になるはずです。

様々なタイプがありますが、大きいものの方がいいです。小さいものはセッティングの自由度が低く、効果も薄いです。広げた状態で400mm以上のものが良いでしょう。材質によって多少効果に違いはありますが、無いよりある方が良いので、安価なもので良いのでまずは購入することをお勧めします。

その3 歪まない範囲で音を大きくしよう(適切なレベル設定をしよう)

その3が最も重要です。音が歪んでいる場合はどうしようもありません。目立たなくすることはできますが、きちんと録音されたものとは雲泥の差です。

適切なレベル設定での録音はレコーディング・エンジニアの腕の見せどころでもあります。レベルが大きすぎて歪んでしまうのはNGですが、レベルが低すぎるのもまた良いことではありません。これはデジタル化(AD変換)時の問題と、S/N比というノイズとの割合の問題に依るものです。

ざっくり説明すると、「歪まない範囲で最大限のレベル設定」が望まれます。レベル設定のコツを見ていきましょう。目指す設定は「腹八分目」です。

まずは、オーディオインターフェースの信号レベル(音量)を確認するランプ(LED)に注視しましょう。歪みが出るギリギリ手前で赤く点灯します。つまり、赤く点灯したら大きすぎです。レベルを上げていき、1番大きな声を出した時に赤く歪まないようにギリギリの大きさで設定しましょう。同時にDAWなど録音ソフト側のメーターも確認しましょう。

下の写真では、中段の3/4に注目4は大きすぎで赤く点灯していますので下げる必要があります。このオーディオインターフェースではレベルが低い時は緑が点灯しますが、音の大きさはわかりません。まずは赤くなるまでつまみを回し、下げていくことで適切なレベルに設定できます

ギリギリ設定ができたら少しだけ下げます。筆者のイメージでは2割くらいレベルを下げます。これは録音ソフト側のメーターを見ながら調整すると良いでしょう。

歌っていると声が大きくなっていきます。盛り上がってきたところで歪んでしまったら最悪。歪むくらいなら音が小さい方が良いので、絶対に歪ませないためのマージンを確保しましょう。経験上2割くらい下げるとマージンが取れます。

また、録音開始後にレベルを下げることもあります。録音開始後にレベルを下げる注意点としては、異なるテイクをつなぐ時にレベル差が出ることがあります。複数回録音していいところをつなぐ場合は注意が必要です。実際は、レベル変更したことを覚えていれば後で対処が可能です。

なぜノイズが少ない方が良いのか

ノイズというのは録音している時には気づかないもので、後でミキシングしているとにき気づくことが多いです。なぜでしょうか?

理由はミキシングでどんどん音を大きくしていくからです。

ボーカルトラックは出力までに3〜4回程度コンプレッサーがかかることになります。コンプレッサーでは大きい音を抑え、小さい音が上がります。この時に、隠れていたノイズが一緒に上がってきてしまうのです。声の大きさを2倍にしたら、ノイズも2倍になります。ノイズと声はセットで録音されるので、声だけ音量を上げるということはできないのです。

ノイズが目立ってくると、それ以上は音量を上げられません。

小さな音量で恒常的に隠れているノイズはフロアノイズと呼ばれ、フロアノイズと音源(この場合はボーカル)の音量の差をS/N比(Sound / Noise Ratio)と言います。S/N比は音響機器の性能を示す数値としても利用され、数字が大きいほうがノイズが少ないということになります。低価格の機器は音がよく聞こえてもS/N比が高額機器に劣ります。

ミキシングに耐える音で録れるか。

ノイズが少ない音がミキシングで重視される理由はここにあります。ノイズの多い音はミキシングに耐えられないのです。

ノイズをノイズだと思えるセンス

そもそもノイズとは何なのでしょう。

直訳では雑音。これまた難しいですね。雑とは難しい言葉です。ちなみに筆者は雑草という言葉が嫌いです。雑な草など無いと思います。

さておき、音楽におけるノイズとは冒頭にも書きましたが「その楽曲に不要な音」と捉えることができます。

こちらの曲を聞いてください。

筆者の大好きな矢井田瞳さんの「モノクロレター」という曲なんですが、冒頭の「ジー」という音に注目(注耳?笑)してください。

ギターアンプのノイズなんですが、通常は消したほうが良い「ノイズ」として扱われます。しかしこの曲では曲の内容からノスタルジーを感じさせる演出として「わざと」ノイズが入っているのです(たぶん。僕が作ったわけではないのでw)。この場合は「ノイズ」であって「ノイズ」ではありません。この楽曲には必要な音です。

他にもアコースティックギターのフレットノイズという演奏ノイズがありますが、これも場合によってはわざと入れることがあります。気にして聞いてみると色々な曲で「ノイズ」ではない「ノイズ」を聞くことができるでしょう。

これも挙げておきましょう。曲の最後の最後、ギャーンという音を聞いてください。

これはギターアンプ内蔵のスプリングリバーブを蹴っ飛ばした音だと言われています(笑)。演奏して盛り上がっちゃって最後にアンプ蹴ったということでしょう。しかし、曲の最後を締めくくるカッコいい「ノイズ」です。筆者も真似して蹴ったことがありますが、ビビって思いっきり蹴れなかったので弱々しい音でした(笑)。

曲の中でこの音を出したら怒られますが、この場所、このタイミングだったからこそカッコいいのです。

「モノクロレター」でギターアンプのノイズを入れるかどうか、「Highway Star」でアンプを蹴った音を残すかどうかはセンス次第。音楽的感性だと言えるでょう。ノイズだからと言ってなんでもかんでも消せば良いものではないということがご理解いただけたでしょうか。

今回の記事で紹介したノイズは、ほぼすべての場合において「不要」と判断される音です。しかし、ほぼすべて、です。

みなさんもノイズについて考えてみてはいかがでしょうか。結構面白いですよ。

今週の宿題

今週の宿題は、家の中にあるノイズを録音して聞いてみましょう。例えば以下のようなノイズを探して、録音してください。

  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 換気扇
  • お風呂
  • お料理
  • 蛍光灯
  • 音が出ている家電

録音方法はiPhoneのボイスメモでも良いですし、きちんとコンデンサーマイクで録音してもOK。わざわざノイズを録音して聞いてみることに意義があります。

ノイズが入らないようにするには、ノイズを取り除くためには、ノイズを知っていることが必要です。生活していてエアコンの音は気になりませんが、音楽録音という観点で耳を使うとノイズという扱いになります。エアコンの音を知っていて、エアコンの音が楽曲に不要だと判断するために「ノイズ」になります。

まずはノイズを知る、ノイズに対する感度を高める必要がありますが、ノイズ録音はノイズへの感度を高めるのに役立つでしょう。

今週の耳トレの解答

今週の解答は Dです!

ギターの前後、無音部分で識別できたと思います。特にBはノイズ音量が大きいので、ギターの音が出ている時も聞こえますね。ここまで大きいとせっかくのギター演奏が台無しになることも。録音する時に厳しくチェックしたいものです。

それぞれ見てみましょう。ノイズ源のプラグインと、ノイズの周波数特性を見てみます。Aはこちら。

Waves H-Delayというディレイプラグインのノイズでした。筆者このディレイは大好きでよく使うのですが、右下の[ANALOG]つまみをON(1-4に設定)するとノイズが出てきます。

続いてBはこちら。

こちらはWaves VEQ。名高いビンテージ機器Neve 1081をモデリングしたプラグインです。やはり[ANALOG]ボタンを押すとノイズが出てきます。またこれも筆者が大好きなプラグインなんですが、結構なノイズが出ます。H-Delayとはノイズの特性が異なっているのがわかります。

最後Cはこちら。

これまたWaves、H-COMPです。HはハイブリッドのHらしいですね。デジタルとアナログの融合ということでしょう。このコンプレッサーもPUNCHというつまみが便利で、普通のコンプレッサーでは物足りない時によく出動します。同様に[ANALOG]ONでノイズが出ます。

A/B/C/Dと聞いてみると、Dがとてもクリアに聞こえませんか?

これが「ノイズが無い」ということの効果なのです。ノイズは欲しかったら後から足せます。しかし取り除くにはひと手間かかりますし、何より楽器やボーカルの音も変わってしまいます。ノイズがある状態と無い状態を聞いたことがあれば、ノイズがある時に容易に気づくことができるでしょう。


さて、ボーカルの録り方とノイズについて綴ってきましたがいかがだったでしょうか。

とにかく、楽曲に不要な音が入らないようにすること。これに尽きます。特にコンデンサーマイクを買った!というみなさんは、マイクのパフォーマンスを引き出せるようにチャレンジしてみてください。いい音で録れるとその先の音がすべて変わります。録音が大切だということが体験できるでしょう。

頑張ってください!

関連性の高いコンテンツ

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です