Pro Toolsを起動するとPreSonus Quantumのサンプルレートがもとに戻る問題の解決策

Pre Sonus Quantumというオーディオインターフェースを使っていたのですが、Pro Toolsで使うと度々オーディオインターフェースとセッションのサンプルレートが違うのでProToolsを再起動してください的なメッセージが出て、セッションが立ち上がらないことがあります。

Quantumをバージョンアップしたら発生率が高くなったので、自分メモ的に解決策を書いておきます。

発生状況

QuantumのサンプルレートとProToolsで開こうとしているセッションのサンプルレートが異なる場合に発生する。

※QuantumのサンプルレートはQuantumのコントロールソフトであるUniversal Controlから確認できます

発生する問題

以下のメッセージが出てセッションが開かない。

IO channel count for current playback device has changed. Please restart Pro Tools.

Pro Toolsを終了し、Universal Controlでサンプルレートを変更しても自動的に元のサンプルレートに戻ってしまう。(例:48kHzになっているのでプルダウンから96kHzを選択しても自動的に48kHzに戻ってしまう)

Audio MIDI設定からサンプルレートを変更しても同様にもとに戻ってしまい、サンプルレートが変更できない

再起動しても状況は変わらない

対処法・解決策

その1 
Pro Toolsを一旦終了し、Universal Controlでサンプルレートをセッションに適合させたあとでPro Toolsを再起動する

その2 
Pro Toolsで現在のUniversal Controlで表示されているサンプルレートと適合した他のセッションを開き、Pro Toolsを終了する。その後Universal Controlでサンプルレートを開きたいセッションのサンプルレートに設定してPro Toolsを起動するとセッションが開ける

と、いうことで無事に開けました〜!

というよりは本来はPro Toolsでセッションを開いた時に自動的にサンプルレートも変更されるはずなんですけどね。実際調子の良い時は自動的にサンプルレートが切り替わります。

QuantumのthunderboltドライバーとCoreAudio、ProTools間で何らかの連携がうまく行っていないんでしょうね〜。正直直る期待もあまりしていないのですが、解決策があるので特に問題視はしていないです。昔を思い出せばカワイイ問題ですw

環境情報

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
macOS High Sierra 10.13.5
ProTools 2018.12
Pre Sonus Quantum Firmware 1.1-8
Universal Control 3.1.1.54569

(Visited 36 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です