生アコギ(アコースティックギター)の音作りシングルマイク(マイク1本)編 [vol.035 難しさ:ふつう]

前回のアコースティックギター録音編はいかがだったでしょうか。

この講座ではスタジオの機材や環境でしかできないことよりも、自宅でも頑張ればできること、自宅でも使える考え方をお伝えしていきたいと思っていますので、前回の内容は自宅録音でもかなり使える内容ではないかと思います。

その上で、次なる課題は録音した音をどうするか、ということです。

今回は録音したアコギの音作りについて触れていきます。アコギの音作りやミキシングは非常に奥が深いので、この記事では初歩の部分、概念的な部分がお伝えできればと思っています。

録音データをミキシングしやすい音量に合わせる

まずはマイク1本のシングルマイクで録音したアコギ音声データをDAWで聞けるようにしてください。外部で録音したデータを使う場合はインポート(読み込み)しましょう。

※用意が無い場合は以下で練習用データを販売していますので、使ってみてください。

インポートしたデータについて、まずは音量を確認しましょう。多くの場合は波形表示が最大値に対して小さめになっていると思います。

波形から音量に余裕があることがわかる

音量は大きめになっている方が扱いやすいので、小さい場合はこの段階で音量を大きくしましょう。多くのDAWでは波形を直接操作して音量を上げることができます。

Cubaseの場合は赤丸の部分をつまんで上下に動かすか、赤四角の項目で数値指定して音量を変化させます。

目安としてはMAXの8割位まで音量を上げるとミキシングしやすいと思います。

サンプル音源では6dBほど音量をアップした

音量を上げていくと不要な響きが目立ってくる罠

今回の録音も非常によく録れており、サンプル音源を聞く限りでは特に音声加工を施す必要は感じませんでした。

しかしミキシングを進めていく場合、ここからさらに数段階音量をアップしていくことになります。ジャズなどのカテゴリでは低い音量で全体のダイナミックレンジ(音量差)を保ったまま作品化しますが、POPSや歌謡曲、いわゆる(ここを読むような皆さんが)よく聞く音楽では音量を上げる作業から逃れられません。

アコギソロならまだしも、他にも色々な楽器が入ってきます。そのときに音量を上げる、音を加工することが必須になってきます。

まずは音量を何段階か上げてみましょう。

ギターにコンプレッサーをかける

まず、ギターのトラックになんらかのコンプレッサーを入れて音量をあげてみましょう。

※アコースティックギターもアタックが速めの楽器ですので、ビンテージ系コンプレッサーを使う場合はOPTO系(LA-2A等)よりもFET系(1176等)が音量コントロールには適しています。

ここではCubase付属のVintage Compressor(1176系コンプレッサー)を使って以下のようにセッティングしてみました。このセッティングでかなり音量が上がってくるのがわかると思います。

  • INPUT:10.4dB(他のコンプレッサーでいうところのスレッショルドです)
  • ATTACK:7.5ms(アタックタイム)
  • RELEASE:AUTO(リリースタイム)
  • RATIO:8(レシオ)
  • OUTPUT:0dB
アコギもアタックが速い楽器なのでアタックタイムに注意

マスタートラックにマキシマイザーを入れる

続いてマスタートラックにマキシマイザーを入れてみましょう。

今回はあくまで実際に使う音量で聞いたらどうなるかというシミュレーションですので、適当な設定で構いません。とにかく音量が上がるように設定してみてください。

ここではCubase標準のマキシマイザー、「Limiter」を使ってみました。以下のように設定しました。

  • INPUT:7.0dB
  • RELEASE:AR(Auto Release)
  • OUTPUT:-1.0dB
Cubase付属のマキシマイザー Limiter

実用的な音量で聞いてみると

この状態は、「実用的な音量」ということになります。

つまり、多くの場合レコーディング時に聞いている音量というのは完成時(ミキシング後)と異なる音量だということを認識する必要があるのです。端的には、レコーディング時よりもはるかに大きい音量で使うことになると思ってください。最大音量時の音は変化が少なくてすみますが、小音量に関しては相当大きくなると思ってください。なぜならば、コンプレッサーで圧縮されるためです。

結果、何が発生するかというと、レコーディング時には気にならなかった音が気になってきてしまいます。隠れていた部屋のノイズやアコギの部分的な響きがなどです。

音量を上げると聞こえるようになる仕組み

レコーディングエンジニアなどレコーディングに長けている人は時に異常とも言える細かい指摘や修正、調整をします。それはレコーディング時においては一見無駄に見えるかもしれません。しかし、常に完成形を踏まえて音を録っていくのでこのような作業が出てくるのです。作品を完成させたことがあるかどうかというキャリアが反映される部分だと思います。

※ついでにいうと、ミキシングも自分だとすると、このノイズや音色処理の効果を体感するのも自分のみで褒められることはありません。が、それでいいのです。そういう仕事です😁

サンプル音源は我ながら実によく録れていて苦笑、あまり気になるところは出てきませんが、強いて言えば中域に1箇所「フォーン」という響きが出てくる場所があります。ここを調整してみましょう。

不要な音を恒常的にカットする

聞こえるようになってしまった不要な響きをイコライザーでカットしてみましょう。この作業にはビンテージ系のイコライザーは不要です。作業を整理すると以下のような流れになります。

  • 音を聞いて不要だと感じる響きを頭に焼き付ける
  • パラメトリック・イコライザーを狭いQ幅に設定してブーストし、周波数を変化させて先程覚えた響きを探す
  • 見つけたらカットする
狭いQ幅でブーストし、不要な響きを探す

カットの量については、まずは大きくカット。-6dB程度カットしても大丈夫です。後で調整する時にカット量を少し減らしてみて、音の影響を聞きながら調整してみてください。

ついでに超低域にも音がいますが、今回のフレーズでは不要と言って良いでしょう。HPF(LCF)でカットしてしまいます。

LCFで低域をカットする

なんと100HzでLCFをかけてみましたが、、、やってみてください。意外と、大丈夫です。

もちろん100Hzと50HzのLCF、比較試聴すれば違いはわかりますが、ミキシングというのはそもそも曲に適した音にする作業であって、原音に含まれる音をすべて活かす作業ではありません。今回の場合は100HzでLCFをかけても十分低音が残ると判断できたため、こういう設定になりました。

「この音がこの曲に必要か」という視点を持ってミキシングすると、音がスッキリしてくると思います。聞いて決めましょう。ミキシングは「判断」の集合体です。

さて、不要な音をカットしたアコースティックギターの音はかなりスッキリした音になっていると思います。聞かせたい部分がより聞こえるようになっていればOKです。

悲しいお知らせですが(苦笑)、ここがスタート地点だと思ってください。ここから楽曲に合わせる、全体の質感を調整するなどの「音作り」作業を進めていきます。

全体の質感や曲へのマッチングを調整する

エフェクトの順序を考える

最後の音作りの前にひとつ考えてみましょう。

先程不要な音をカットしました。「不要な音をカットした状態の音」と「不要な音をカットしていない音」。コンプレッサーに入る音はどちらの音が適していると思いますか?

文章で書いてみると簡単ですよね。後者です。前者の音をコンプレッサーに入力した場合は、不要な音にコンプレッサーが反応してしまう可能性が高くなり、意図しない動作が起こりやすくなります。

ということで、基本的にはすべてのエフェクトは不要な音をカットした後に来るように並べるほうが良いです。コンプレッサーを先程のイコライザーの後段に移動しておきましょう。Cubaseの場合は、左側インサートエフェクトスロットの下の方、色違いのスロットを使うと後段になります。

エフェクトの挿入位置を変更できる

※インサートスロットの緑色の線を上下させることでスロットの数を可変することができます。

音を作るイコライザーを挿入する

では良い順番になったところで改めて、音を作るイコライザーを最後段に挿入してみましょう。コンプレッサーよりも後段です。

この音作り用イコライザーは、可能であればビンテージ系のものを使うと良いでしょう。お持ちでなければDAW付属のイコライザーでも問題ありません。ここではWavesのVEQ4というイコライザーを使ってみました。

Waves VEQ4

Waves V-EQ4:Neve 1081コンソールをモデリングしたイコライザー・プラグイン。安い時は4,000円くらいで売ってます。(笑)Gold以上のバンドルに入っています。

created by Rinker
ウェーブス
¥12,100 (2021/12/02 06:44:41時点 Amazon調べ-詳細)

パターン1 アコギソロ

アコギだけで聞かせるのであれば、さほど音をいじる必要はありません。一方でアコギのみで低域から高域までの音をカバーする必要がありますので、聞こえにくい低音を少し足してみる、というセッティングです。

LF(Low Frequency:低域):330Hzを3dBブースト

アコギEQパターン1

パターン2 ボーカルとギターでの弾き語り

弾き語りの場合、低音に対する考え方はパターン1と同じで良いでしょう。一方高域については、ボーカルが入ってくるのでボーカルを邪魔しないようにする必要があります。高域を少しシェルビングEQでカットして、自然とボーカルが出てくるようにしましょう。

LF(Low Frequency:低域):330Hzを3dBブースト
HF(High Frequency:高域):4.7kHzを3dBカット

アコギEQパターン2

パターン3 楽器がたくさんいる曲でのバッキング演奏

この場合、ベースやピアノなど、アコギ以外のパートが低音を担当するのかどうかが分かれ目です。低音担当がいる場合、アコギの低音を少しカットすることで楽曲全体の低音が聞きやすくなり、安定してくるでしょう。ゼロにするのではないです。減らすのです。

LF(Low Frequency:低域):330Hzを3dBカット
HF(High Frequency:高域):4.7kHzを3dBカット

アコギEQパターン3

アコギの音作りのポイント

なるべくシェルビングEQで音作りをする

イコライザーというのは少なからず原音に影響を与えるもので、イコライザーをかける(イコライジングするといいます)部分以外の音、音全体にも変化が出てきてしまいます。この時の変化がシェルビングの方が少ないといわれています。ピーキングEQを使う場合でもQ幅が広い方が影響が少ないと言われています。

アコースティックギターはイコライザーによる音色変化の影響を受けやすい楽器であるため、なるべく音が変わらないように注意する必要があります。

何回も繰り返して完成させるという覚悟を持つ

上記の音作りEQを終えるとあら不思議、また気になるところがひとつ増えたりするのです。

その場合は最初のステップに戻って不要な音をカットするEQを再度詰めてみましょう。カットするポイントがいくつも出てくることはよくあります。録音する音がまとまっていない場合は、3−4箇所カットすることもあります。当然音に影響が出ます。

その他、何かひとつ音をいじると気になるポイントが出てくる。それがアコギの音作りです。

ギターのチューニングは、6弦から始めて、1弦を終えるとまた6弦が狂ってしまいます。

アコギの音づくりもこれと同じようなものなのです。

最も有効な音作りは楽器と弦、そして演奏

最後にこんなことで締めると怒られそうですが、楽器が鳴っていない場合は音作りが大変になります。不要な音が多くなってしまうため、欲しいところを上げてもほしい音は出てこない、代わりに不要な音がどんどん出てきます。

弦が古い時も同様です。

そして演奏です。弦の芯が鳴っているようなきっちりとした演奏でないと、音は生き残ってくれません。ギタリストの方であれば、音作りで行き詰まったら弾き直した方が早いかもしれません。どうすればどういう音になるという方程式、そして欲しい音が明確になった状態で演奏すると、いいテイクがすぐに録音できるかもしれません。


アコギの音作りの流れをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

基本的にはイコライザーとコンプレッサーです。そして何度も詰めて完成させていく。地道な作業です。

次回はマイクの数が、、、増えます!想像どおり大変になりますが、リアリティは倍増!ぜひ体感するだけでも良いので読んでみてくださいね。

(Visited 30 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です